otsubo のすべての投稿

SLR Hit Rate 2015

An 2015 update of SLR performance assessment. The methodology was reported at the 17th International Workshop on Laser Ranging (Slide PDF) in 2011.

 

We have worked up some interesting statistics about the ratio of successful ranging observations with respect to all possible observations (> 20 degrees of elevation).  Let us call it “hit rate” here – this is somehow similar to a batting average of a baseball (not a cricket) player.  In other words, it is equal to the probability that a satellite flying over a station is laser-ranged from the station.  Sky conditions are not taken into account.

The most productive 20 stations (ILRS Global Performance 2015 4Q) in 2015 are tested here. We show the results for four satellite groups: (1) “ETALON-1 and -2”, (2) “LAGEOS-1 and -2”, (3) “LARES”, (4) “STARLETTE and STELLA”. Fig. 1 shows the pass-based hit rate and the NP-based hit rate.

hitrate15a
Fig 1 (click to enlarge). Pass-based hit rate and Normal-point(NP)-based hit rate.

As we see the ratio between the pass-based hit rate (black) and the NP-based hit rate (grey) differs by stations, the average number of NPs per pass is now plotted in Fig. 2. Note that this is the average among observed passes.

hitrate15b
Fig. 2 (click to enlarge). Average number of normal points per pass.

It is recommended to track a wide coverage from horizon to horizon, even if it is sometimes interrupted. The average duration of a pass is therefore plotted in Fig. 3.

hitrate15c
Fig. 3 (click to enlarge). Average pass duration, defined as the time between the 1st and the last NP

FY2016 = Sabbatical year

入学・進学おめでとうございます.平成28年度=2016年度,大坪は着任10年目にして研修年をいただくことになりまして,学部ゼミナール(4年のみ)と大学院ゼミナールを除いて,一橋大学で担当する講義はありません.一方で,国立天文台の客員教授に就きました(国立天文台客員教授等).研究推進のため海外(欧州)研修も計画中です.

Otsubo takes a sabbatical year during Apr 2016 – Mar 2017, which means only a few seminar courses are offered at Hitotsubashi University.  He is appointed as a guest professor of the National Astronomical Observatory, and plans to stay in Europe this year.

Photo: 2016-04-01 MKP4010157_R

JASON-3 and a number of GALILEO and GLONASS satellites added to our QC analysis

We have added the following satellites to our SLR QC analysis.
JASON-3 (ILRS, AVISO) (abbreviated as JAS3).
GALILEO-201, 202, 203, 204, 205, 206, 208 and 209 (ILRS) (F201 to F209).
GLONASS-125, 128, 133 and 134 (ILRS) (GL25, GL28, GL33, GL34).

We also changed the bias estimation procedure.  A pass of high-altitude satellites (GNSS and ETALON) should have >= 4 good NPs, 2 hour coverage, and both ascending and descending parts.

New Web Server (here!)

geo

昨日(2016年3月15日)から,一橋大学地学研究室のウェブサイトがこちらに移行されました.研究科・大学の IT 関係部署の方々にはお世話になりました.

Geoscience Hitotsubashi’s Website has moved to this site since yesterday (15 March 2016).  The URL remains http://geo.science.hit-u.ac.jp/

OB・OG会開催

DSCN6165

3月5日(土),「いたりあ小僧」にて,中嶋ゼミナール・大坪ゼミナールの OB・OG 会を開催いたしました.23名の方が集まってくださり,懐かしい楽しい時間を過ごすことができました.写真は,中嶋先生による乾杯のごあいさつです.今回ご都合のつかなかったかたは次回ぜひ.

OB・OG会 3月5日(土)のご案内

今年度も、中嶋浩一ゼミナール・大坪俊通ゼミナール合同でのOB・OG会の開催いたしますのでご案内させていただきます。
ぜひお越しいただければと思います。
詳細は以下の通りです。
 日時:平成28年3月5日(土)18時
 場所:国立 いたりあ小僧
    東京都 国立市 東 1-15-18 白野ビル 1F
          現地集合といたします。
   地図は下のウェブサイトをご覧ください。
 会費:約5,000円を予定しております。
つきましては、出席(途中参加・途中退席でも構いません)・欠席をメール末尾の書式に沿ってご返信ください。
メールアドレスは、
ご欠席の場合も、必ずご連絡をお願いいたします。2月20日まで受け付けますが、会場予約の都合上、なるべくお早めにご返事をいただければ幸いです。
また、このメールは、前回のOB・OG会開催時に伺ったメールアドレスに宛ててお送りしております。そのため、前回連絡がつかなかった方や、メールアドレスを変更なさった方には届いておりません。多くの先輩方にいらしていただきたいので、同期の方などで連絡先をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひともお誘いあわせの上、ご参加くださいませ 。
最後に、本OB・OG会の開催にあたり、中嶋先生よりメッセージをいただきました。
“早いもので,私の定年退職,大坪さんのデビューからもう十年になります.社会学部中嶋ゼミのテーマは「情報技術の進歩と社会の変化」でした.これは情報化の未来社会を予想しようとするものでしたが,果たして予想は当たったでしょうか.十年という節目に皆さんとこれを検討し,また今後の十年を予想してみたいものです.
どうぞよろしく.”
ご案内は以上です。ご質問などがございましたら、出欠確認先の上記アドレスまでお願いいたします。
先輩方のご参加を、現役ゼミ生一同心よりお待ちしております。
――――ここから――――
3月5日の会に「ご出席 or ご欠席」
お名前(旧姓も):
ご卒業:   年3月
メールアドレス:
住所:〒
電話番号:
(今後は、主に電子メールにてお知らせしますので、メールアドレスが長期間変わらない、もしくは変更時に必ずご連絡いただける場合には、住所・電話番号は空欄で結構です。)
お勤め先:
(今後のゼミ生の就職活動時にご使用させていただくかもしれません。差し支えないようでしたらご記入ください。)
ご欠席の方は、ぜひメッセージをお願いいたします:
(特にご指定がなければ、名前とメッセージのみ、当日公開させていただきます。写真も歓迎いたします。)
―――ここまで――――

学部ゼミナール 2015

  • 2015-04-16. 実質的にはこの日が初回.

教養ゼミナール2015冬

  • 2015-11-25. 情報通信研究機構にて見学.時刻の作られ方を知る.