「Research」カテゴリーアーカイブ

幕張 JpGU-AGU と石岡・つくば訪問

JpGU(日本地球惑星科学連合大会)と AGU(米国地球物理学連合)共催の大型講演会に参加し,GGOS セッション(口頭プログラムポスタープログラム)にて2件の発表をしました.そのほか,3件の発表の共著者になっています.

また,会期中の5月23日(火)には,この講演会のために来ていただいたアメリカの測地学者4名とともに,国土地理院の石岡測地観測所(写真)とつくば本院を訪問しました.つくばでは半日の小型講演会も開催されました.

初の AGU との共催ということで,アメリカの方々には,無理を言って参加をお願いしました.ご協力に深く感謝しております.受け入れ側の日本のみなさんもおつかれさまでした.

絶対重力計

京都大学・九州大学・極地研究所のみなさんがおいでになり,2017年5月8日から10日まで,絶対重力計 FG5 が一橋大学東本館地下室に設置・運用されました.丸2日に渡る観測も成功しました.動画後半では落体が動く音が10秒ごとに聞こえるはずです.なお,この重力計はこの冬,南極昭和基地でも使われる予定です.

ノルウェー Kartverket 訪問

大坪は,スウェーデンからノルウェーまで「外国」出張でした.2月27日と28日,オスロの Kartverket (日本の国土地理院のような機関)を訪問し,c5++ ソフトウェアのインストールや,宇宙測地に関する情報交換・議論を行ってきました.写真は宿泊先近くの王宮.

Wettzell 測地観測所訪問

一橋大学で重力測定が行われているころ,12月14-15日,大坪はドイツにて Wettzell 測地観測所を訪問しました.3つの VLBI アンテナ,2つの SLR 望遠鏡,さらに DORIS, Ring Laser, GNSS, 重力計など,多数の宇宙測地観測装置が集積されているところです.数多くの専門家のみなさんと議論・情報交換ができました.

地下室にて重力測定

12月13-14日,京都大学・国立極地研究所の方々がいらして,東本館地下の実験室にて絶対重力測定が行われました.あわせて,重力計の仕組みや手順などを教えていただき,ゼミ生はたいへん勉強になりました.

講演報告: Special Seminar, AIUB, Switzerland

On 12 Dec 2016, Otsubo visited the Zimmerwald Optical Ground Station to see its SLR, GNSS and space debris tracking facility, and later visited the Astronomical Institute of the University of Bern (AIUB) where he presented “SLR station network: for the near future and the far future” in AIUB Special Seminar. We appreciate the opportunity and the warm hospitality.